初脱ぎ1994年

(注)初脱ぎの年月日は媒体の発行日に準じています(発売日とは異なります)

ケイ

01 ケイ(ピンク・レディー)

 

1994年1月1日 

 

幻となったヌード写真集

 

【初脱ぎ媒体】

「週刊プレイボーイ」1994年1月1・7日合併号 集英社

 

ご存知ピンク・レディーのケイちゃんこと増田恵子。相方のミーちゃんこと根本美鶴代は10年以上前にさっさと脱いでおり、ミーのヌードは主演映画「コールガール」(1982年)と写真集「どうしても、おまえだ。」(1983年)において鑑賞できる。そして今度はケイちゃんの出番。こちらは週刊プレイボーイの1994年新年号(発売は1993年12月末)からのカットで話題性は十分だった。誌面でヌード写真集の発売が間近に迫っていることを伝えていたが発売は延期に...。たった1度きりの幻の裸身披露となってしまった。

原久美子

02 原久美子 

 

1994年1月20日 

 

1991年キリンビールキャンペーンガール

 

【初脱ぎ媒体】

「PUDEUR」1994年1月20日発行 スコラ

 

関西テレビ「Wスポット」の司会を務めるなど西日本での認知度が高かった原久美子。高校生だった80年代末に本名の木原久美子で芸能活動を開始。キャビン・レーシングチームのレースクイーンとしてその存在を知られ90年代に入るとキリンビール、ブリジストン、京浜急行のキャンペーンガールとして人気を集めた。さすがは一流キャンギャルだけあって素晴らしい素材。キレイすぎてある意味色気を感じさせないヌードだった。

麻田華子

03 麻田華子 

 

1994年2月15日 

 

芸名を何度も変えて90年代を切り抜けた

 

【初脱ぎ媒体】

村上理央「体温」1994年2月15日発行 ワニマガジン社

 

1987年東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト優勝者の麻田華子。その時の準グランプリは河田純子(89年組)と水野美紀だった。1988年、彼女たちより先に弱冠13歳という若さで歌手デビュー。飛び抜けた歌唱力でナベプロ所属ということもありプッシュされるが不発に終わった。その後は樹本彩華に改名。薬師寺容子の主演映画「もうひとつの原宿物語」(1990年)に友人役として出演するなど新人アイドルの引き立て役にまわっていた。再注目されるのは村上理央と改名してのぞんだ、こちらの初ヘアヌード写真集でのこと。幼かった歌手時代からは想像できない美味しそうな肉体、幼さと大人っぽさが入り交じった表情もたまらなかった。1996年には麻田華子名義で2冊目のヘアヌード写真集をリリースするが仕事は続かず一般人に。ところが彼女の芸能界への未練はそこで終わらず、1999年にエイベックスからデビューした3人組ユニット、TRINITYのMOCAの正体がこの麻田華子だと判明。冬の時代、氷河期と例えられる80年代後半から90年代を彼女ほど身をもって体験したアイドルはいないと断言できる。

遠藤賀子

04 遠藤賀子(Dee Dee/Chu-Dog)

 

1994年2月28日 

 

レースクイーンとしても活躍

 

【初脱ぎ媒体】

「border」1995年2月28日発行 スコラ

 

80年代末からレースクイーンとして活躍した遠藤賀子。飯島みゆきと結成したセクシーユニットのDee Deeのほか、Chu-Dogのメンバーとしても知られている。こちらは彼女にとって初脱ぎとなるヘアヌード写真集からのカットで白人を思わせる釣り鐘の乳房と色素の薄い乳輪が特徴的だった。現在は引退しレースクイーン時代に知り合った元F1レーサー、ミカ・サロの奥さんとして旦那の故郷であるフィンランドに在住。玉の輿に乗った元芸能人として度々マスコミに取り上げられる。

小野みゆき

05 小野みゆき

 

1994年2月28日 

 

1979年資生堂化粧品キャンペーンガール

 

【初脱ぎ媒体】

「NO」1994年2月28日発行 スコラ

 

世良公則&ツイストの「燃えろいい女」でおなじみの1979年の資生堂「ナツコの夏」キャンペーンガールとしてデビュー。今も現役モデルで当時からのオスカープロモーションに所属している小野みゆき。彼女といえばデビルマンに顔が似ていることからお呼びのかかった「とんねるずのみなさんのおかげです」の「デビルタカマン」が傑作だった。こちらのヘアヌードは長い芸歴の中でも唯一の写真集から。厳密に言えば初脱ぎは1985年公開の映画「聖女伝説」である。

川村美穂

06 川村美穂(OHeSO)  

 

1994年4月10日 

 

肉感たっぷり

 

【初脱ぎ媒体】

「MOVE」

1994年4月10日発行

ワニブックス

 

前年にデビューしたOHeSOのメンバー。同グループの菊池亜美はOHeSO以前にも脱いでいたが、この川村美穂は初脱ぎだった。さすがといえるスタイルの良さで過激なカットはないものの肉感たっぷりのおっぱいとお尻が楽しめる。

三田はるな 

07 三田はるな(ENDOLL) 

 

1994年4月25日 

 

CDデビューは叶わなかった...

 

【初脱ぎ媒体】

「LEPOLLEN」1994年4月25日発行 英知出版

 

稀崎優らとのヌードルユニット、ENDOLL(アンドール)のメンバーとして活躍。ヌードルとは裸になれるアイドルに使われた造語。アイドルとして十分やっていけそうなキュートさだったが脱ぐとさらにその魅力を増した。揉んだ時にプニュプニュと音を立てそうなおっぱいにバーンと張り出したヒップ、縦長の愛らしいおへそ、細いウエストなど見どころたっぷり。こちらの初ヘアヌード写真集発売の半年後にENDOLLとしてCDデビューを控えていたがグループを脱退。残念なことにそのまま引退してしまった。

J-KISS

08 麻井美緒/生田依子/杉本夕子(J-KISS)

 

1994年4月26日 

 

歌手デビューとヘアヌードが同時

 

【初脱ぎ媒体】

「微睡」1994年4月26日発行 集英社

 

月刊プレイボーイ主催によるプレイメイトジャパンコンテストの選出者で結成され、1994年にデビューしたJ-KISS。メンバーが麻井美緒(芸映)、生田依子(ホリプロ)、杉本夕子(サンミュージック)とそれぞれ異なる芸能プロダクションに所属し、ファーストシングル発売直後にこちらのヘアヌード写真集をリリースをするという異色のグループだった。プレイメイトジャパン自体が脱ぐことを前提をしたコンテストなので当然の結果と言える。ほどなくグループは自然消滅。その後、麻井美緒(写真中)は太田プロに移籍し、かねさだ雪緒と改名。かねさだは2001年からは漫画家としても活動を開始し、コミック版「下妻物語」をヒットさせた。

川田あつ子

09 川田あつ子

 

1994年4月30日 

 

史上1・2を争う音痴なアイドル

 

【初脱ぎ媒体】

「川田あつ子 写真集」1994年4月30日発行 ワニブックス

 

1981年ミス・ヤングジャンプ受賞をきっかけに1982年にアイドル歌手としてデビュー。花の82年組のひとりだが、あまりの音痴に僅か2枚のシングルを残して歌手を廃業。歴代のアイドルの中でも他の追随を許さない下手っぷりでその哀愁感すら漂う歌唱法が逆に心地良かったりする。こちらの初ヘアヌード写真集、デビュー当時の幼さから想像できないセクシーさ。発売当時すでに20代後半になっていたが年齢を感じさせない張りのあるボディも素晴らしかった。

イケイケガールズ

10 牧恭子/雅裕子/秋山仁美

(イケイケガールズ)

 

1994年4月30日 

 

当初はセクシー系

じゃなかった

 

【初脱ぎ媒体】

「SUMILON」

1994年4月30日発行

竹書房

 

イケイケガールズは1992年にCDデビューした寺内タケシとブルージーンズの曲を歌った4人組。その名前からギリギリガールズやT-BACKSのようなセクシーさを売りにしたグループのような印象を受けるが、衣装もボディコンというおとなしいものだった。こちらの初ヘアヌード写真集はメンバーをほぼ一新してのぞんだ作品。オリジナルメンバーは牧恭子だけだった。

千葉千恵巳

11 千葉千恵巳(オーロラ5人組)

 

1994年5月25日 

 

声優としてブレイクするのは5年後

 

【初脱ぎ媒体】

「未然」1994年5月25日発行 ぶんか社

 

1999年から放映が始まったアニメ「おジャ魔女どれみ」の主人公・春風どれみ役としておなじみの千葉千恵巳。声優の仕事を得る前はアイドルグループのメンバーとして活動。そのグループとは江口寿史がキャラクターデザインをつとめたファミコンソフト「おたくの星座」絡みの企画物で千葉麗子をリーダーとするオーロラ5人娘。1993年にデビューしたオーロラ5人娘は企画物ゆえ、シングルを2枚リリースしただけで解散。そして彼女はこちらの初裸身を披露することになるのだが、大胆にもヘアヌードに挑戦している。

大竹一重

12 大竹一重 

 

1994年6月7日 

 

1994年ミス日本

ミスフラワー受賞者

 

【初脱ぎ媒体】

「ひとえ」

1994年6月7日発行

竹書房

 

同年のミス日本に出場してミスフラワー部門を受賞。グランプリではないが元ミス日本を名乗り、こちらの初ヘアヌード写真集をリリース、異例の大ヒットとなる。当時は1973年生まれと年齢を1歳サバ読みしていたが現在は正確な年齢に修正している。

西尾えつ子

13 西尾えつ子 

 

1994年6月17日 

 

鬼神の勢いで脱ぎまくった80年代アイドル

 

【初脱ぎ媒体】

西尾悦子「finger」1994年6月17日発行 英知出版

 

“アイドルいきなりヘアヌード”というキャッチコピーでこちらの初ヘアヌード写真集を発売。おそらく世間の人は西尾悦子って誰?と思ったに違いない。彼女は1989年に「じゃじゃ馬にさせないで」で歌手デビューした西尾えつ子。曲自体はアニメ「らんま1/2」のオープニングテーマだったこともあり有名だが、その歌い手である彼女をテレビで観る機会はほとんどなかった。同アニメのエンディング曲に使われたセカンドシングルもヒットには至らずセクシー路線へ方向転換。幼い顔立ちにきわどいポーズが話題となった3冊のヘアヌード写真集のほかに「新百合族3」(1995年)「でべそ」(1996年)「AnotherXX 赤い殺人者」(1996年)など映画でも脱ぎまくっていた。

広田玲央名 

14 広田玲央名  

 

1994年6月25日 

 

不作の83年組のひとりでもある個性派女優

 

【初脱ぎ媒体】

「SELF」1994年6月25日発行 スコラ

 

現在の芸名は広田レオナ。かつては広田玲央名としてバレリーナを目指しベルギー留学まで果たすも身体を壊して帰国。その後、作家・村上龍による初監督映画「だいじょうぶマイ・フレンド」(1983年)のヒロインに抜擢され芸能界デビュー。ヌードを披露するなど話題性もあったが映画は大コケ。また、映画と同名タイトルの主題歌で歌手デビューを果たしたものの失笑を買うほどの音痴ぶりだった。こちらは個性派女優として再び脚光浴び出した頃にリリースされた初写真集。セルフシャッターを使って自ら撮影したという意欲作でスクリーンでは見せたことのないヘアをさらしていた。

三原順子

15 三原順子

 

1994年7月3日 

 

ツッパリに人気があったアイドルが自民党議員に

 

【初脱ぎ媒体】

三原じゅん子 「Junco」

1994年7月3日発行

KKベストセラーズ

 

小学生の頃から東京宝映に所属した三原順子(現・三原じゅん子)は1979年に放映されたドラマ「3年B組金八先生」のツッパリ生徒役で人気を得る。1980年に発売したファーストシングル「セクシー・ナイト」もヒット。アイドルとしても成功を収めたが「GOGO!チアガール」(1980年)で共演した宮脇康之(ケンちゃん)との恋人宣言以降は人気が急下降。その後ヘビーメタルを歌ったりレーサーとして活動したが話題にならなかった。この初ヘアヌードは長いトンネル期に撮影された荒木経惟氏による異色作。荒木氏の作風と三原のキャラクターとの相性は悪く、場末感だけが漂う。結婚したコアラとのアツアツぶりが唯一の話題だった彼女はそのコアラとも離婚。そんな彼女が2010年の参院選に自民党から出馬し当選を果たすのだから世の中何が起こるかわからない。

久野真紀子

16 久野真紀子 

 

1994年7月20日 

 

忘れがたい美人女優

 

【初脱ぎ媒体】

「蜜」 1994年7月20日発行 スコラ

 

1987年のNHK朝ドラ「チョッちゃん」でヒロイン古村比呂の同級生役としてデビューした久野真紀子(現・クノ真紀子)。当時は久野翔子という芸名のアイドル女優であった。1990年頃に本名の久野真紀子に戻して多くのサスペンスドラマ、刑事ドラマに出演。特にテレビ朝日の「はぐれ刑事純情派」「はぐれ刑事純情系」には事件のカギを握る人物として幾度となく登場している。また、阿部寛とコミカルな演技をみせた「ビップエレキバン」をはじめ「花王・健康エコナ」「三共・ビトン-ハイ」と印象的なCM作品も多い。親しみやすさとクールさ両面を持ったところが彼女の魅力だが、そのクールな面が遺憾なく発揮されたのが1994年の主演映画「XX 美しき狩人」。こちらの初ヘアヌード写真集は映画公開を記念する形で発売されたもので映画同様、一糸まとわぬ姿を堪能できた。

毬谷友子

17 毬谷友子

 

1994年7月25日 

 

宝塚歌劇団出身女優

 

【初脱ぎ媒体】

「一九九四」

1994年7月25日発行

宝島社

 

宝塚音楽学校在学中の1980年には宝塚を題材にした紺野美沙子主演のNHK朝ドラ「虹を織る」に紺野の同級生役として出演していた毬谷友子。1985年に宝塚を退団。鈴木清順監督の映画「夢二」(1991年)で沢田研二演じる夢二を虜にする人妻役で注目を浴びる。これはタイトルの通り1994年時点の彼女をとらえたもので今のところ唯一の写真集で初ヌード作品だ。

ME

18 ME(メロン組)

 

1994年8月1日 

 

セクシーグループ

では珍しい短髪娘

 

【初脱ぎ媒体】

七瀬みい

「CONTINUE」

1994年8月1日発行

スコラ

 

日本テレビ「ウンナン世界征服宣言」の企画物として前年にデビューしたメロン組。CDデビューするというコーナーの目的が終了した後はセカンドシングルのリリースもなく、数ヶ月後には早くもメンバーのMAIが脱退。現役女子高生の中西優美が新たに加わったが結局グループは解散。メンバーのMEは七瀬みい名義でこちらの初ヘアヌード写真集を発売した。

SHIHO

19 SHIHO 

 

1994年9月11日 

 

モデルの矢野志保とは別人

 

【初脱ぎ媒体】

「SHIHO 写真集」1994年9月11日発行 竹書房

 

もともとは1988年に和製ユーロビート「GYPSY QUEEN」をヒットさせたシンガーで、90年代に入るとお色気路線を更に強調。グラビアモデルのAYUMIとセクシーユニットを組んだりしたが人気を保てるはずもなくヘアヌードを披露した。また、翌1995年には宇宙企画から「ハードコアな夜」をリリース。宇宙企画はアダルトビデオレーベルだがファックシーンが長いといったことを除いて作りはVシネマそのものという中途半端な内容だった。現在活躍するモデルのSHIHOはこの当時、矢野志保と名乗っていたのでSHIHOのオリジネーターは彼女に違いないのだが末期はストリップ劇場にまで出ていた。

ルビー・モレノ 

20 ルビー・モレノ 

 

1994年10月5日 

 

正体は出稼ぎフィリピーナだった

 

【初脱ぎ媒体】

「RUBY」 1994年10月5日発行 勁分社

 

前年に公開された映画「月はどっちに出ている」で女優として高い評価を受けたフィリピン出身のルビー・モレノ。その後も女優として活躍を続けると思われたが、フィリピンパブの元ホステスだったことをすっぱ抜かれ経歴詐称していたことが判明した。続いて仕事放棄、借金地獄などのトラブルが続出。自ら重い障害を持つ子の母親である事も告白した。これはそんなドロドロの時代に披露したヘアヌードで知名度もあってヒットしたが「借金精算のため」という側面は大きかった。1995年には所属の稲川素子事務所を解雇されフィリピンに戻ることになった。

片岡礼子 

21 片岡礼子

 

1994年10月10日 

 

脱げる女優として映画界で重宝された

 

【初脱ぎ媒体】

「XXX」 1994年10月10日発行 ワニブックス

 

前年に公開された映画「二十才の微熱」でデビューした片岡礼子。共演者の遠藤雅とのカップルヌードとして話題となったのがこちらの写真集。ヘアヌードでありながら全編モノクロで屈託のない笑顔からはイヤらしさを感じない。脱ぐ役柄が多い彼女、制作費20億円かけて大コケした東映映画「北京原人 Who are you? 」(1997年)は必見。北京原人の警戒心を解くために自ら裸になるヒロインの姿は笑えた。

石田悠里

22 石田悠里(B.C.G.)

 

1994年10月20日 

 

小室プロデュース

されたものの...

 

【初脱ぎ媒体】

「Body」

1994年10月20日

発行 明文社

 

小室哲哉プロデュースで、11人という大所帯で前年にデビューしたB.C.G.のメンバー。お立ち台ギャルブームに深夜番組のオーディションで結成されたB.C.G.はブームが沈静化する頃には5人組のB.C.G.COREに縮小。外された石田は元メンバーの中では真っ先にヘアヌード写真集を発売。太陽の下、得意のダンスを活かしたポーズでヘアまでさらしている。

北村裕子

23 北村裕子(ポチ!)

 

1994年10月30日 

 

グループで唯一脱いだメンバー

 

【初脱ぎ媒体】

「Peppermint」 1994年10月30日発行 スコラ

 

Mi-Keをパロって1992年にデビューしたポチ!のメンバー。ポチ!、Theポチとシングルを出すたびに名前を変える迷走ぶりだったが、彼女はサードシングルから加入。1994年にグループは解散。解散の翌月にはこちらの初写真集でヘアヌードを披露することになった。撮影時の彼女は22歳前後、童顔に似合わない十分な成熟振りが堪能できる。

森野由美子

24 森野由美子(Chu-Dog)

 

1994年11月10日 

 

顔はともかくおっぱいは最高だった

 

【初脱ぎ媒体】

雪野真由美「禁漁区」 1994年11月10日発行 ワニマガジン社

 

長尾朱美、早瀬千里らと結成した初代Chu-Dog(チュードック)のメンバー。CDリリースはないが当時は寺尾由美や増田未亜といったB級アイドルと一緒にライブをしていた。もともと3人組のChu-Dogだがメンバーの入れ替わりが激しく、1993~1994年という短い活動期間にトータルで少なくとも10人がいたと言われている(先に紹介した遠藤賀子も在籍)。オリジナルメンバーの森野はこのヘアヌードの際には雪野真由美と改名した。

キャティ 

25 キャティ 

 

1994年11月10日 

 

ポスト・アグネス・ラムとして期待されたトースト娘

 

【初脱ぎ媒体】

「Toast Girl」1994年11月10日発行 音楽専科社

 

70年代後半からアグネス・ラム人気を受け多くのハーフモデルが出現したがキャティもそのひとり。沖縄基地勤務のアメリカ人の父と日本人の母親との間に生まれ同地でスカウトされた彼女。1979年JAL沖縄キャンペーンガール、同じくハーフモデルのセーラと共演したコーセーCMで見せたビキニショットが鮮烈だった。あれから15年近くの年月を経てリリースされたのがこちらのヘアヌード写真集。あのトーストボディが健在だったばかりか当時は水着で隠されていた箇所が拝めることに。

八木さおり

26 八木さおり 

 

1994年11月20日 

 

中国当局に拘束されアイドル生命を断たれた!?

 

【初脱ぎ媒体】

八木小織「春花秋冬」1994年11月20日発行

 

1985年の第4回ミスマガジンに選ばれ、1986年のNHK連続ドラマ「ジニーがやって来た」でデビューした八木さおり。同ドラマの挿入歌をB面にして歌手デビューも果たすが、当時は水着グラビアで見せる大きなバストが評判になっていた。致命的だったのは悪名高き映画「パンダ物語」(1988年)にヒロインに抜擢されたこと。中国ロケの際に当局に拘束され長期に渡って日本を不在という事態に...。新曲リリースが1年近くないなど映画が公開される頃には完全にアイドル戦線から脱落してしまっていた。同映画の主題歌を最後に歌手を廃業、ちなみにタイトルが「SAYONARA」だから笑えない。再び注目されたのが八木小織と改名してのぞんだこちらのヘアヌード写真集だった。週刊プレイボーイ全面バックアップのもと元アイドルが肩書きで大ヒットしたが、少年のような髪型、エグすぎるおっぱい、剛毛ぶりが賛否両論を呼んだ。

鈴木砂羽

27 鈴木砂羽

 

1994年11月22日 

 

ヌードモデルをしながら

成功を夢見た文学座卒業生

 

 【初脱ぎ媒体】

 「Sawa・愛の新世界」

1994年11月22日発行

KKベストセラーズ

 

文学座を卒業した鈴木砂羽が女優としてはまったく芽が出ずヌードモデルなどをして糊口を凌いでいたのは割と有名な話。そんな頃に舞い込んできたのが1994年公開の映画「愛の新世界」でヒロインを決めるオーディション。主役の条件が「脱げる」ことだったのでオールヌードでの審査もあり見事合格。SM嬢という難しい役柄をつとめ上げ、この年の映画祭新人賞を総なめにした。同時に発売されたのがこちらのヘアヌード写真集で映画と連動した企画。スクリーンに挿入された全裸スチールも収録した見応え十分な内容で、撮影した荒木経惟氏の世界に引き込まれること受け合いである。彼女の顔、体型、雰囲気は良い意味で古臭く、アラーキー氏のモノクロ写真と相性は抜群だった。厳密に言えばエロ本での活動歴がある鈴木。そちらは非公認なので本作が紙媒体での初脱ぎということにする。

橋本美加子

28 橋本美加子 

 

1994年11月30日 

 

サンミュージックが売り出した80年代アイドルの末路

 

【初脱ぎ媒体】

「Magical」1994年11月30日発行 スコラ

 

サンミュージックに所属し大々的に売り出されたものの、まったく売れなかった橋本美加子。デビューは15歳の誕生日に当たる1985年3月22日。その日前後には大量のCMや多くのテレビ出演が組まれ大手芸能事務所の力を見せつけてくれたが、次第に売り上げが落ち、2年目を迎える頃にはマスコミにも取り上げられなくなった。もともと所属レコード会社ワーナー・パイオニア主催のオーディション「ザ・スカウト'83」大阪大会に出場。そこでスカウトされていて本名の杉本亜由美でアイドル雑誌に登場。歌手デビューするまでの2年間の間に新鮮さを失ってしまったと言えよう。レコードリリースは1988年まで続けていたが、存在自体忘れ去られた頃に発売されたのがこちらのヘアヌード写真集だった。

網浜直子 

29 網浜直子 

 

1994年12月10日 

 

ボーイッシュなイメージを覆した

 

【初脱ぎ媒体】

「ラブレター」 1994年12月10日発行 風雅書房

 

松本典子とのダブル受賞が話題となった1984年ミス・セブンティーンのグランプリ受賞者。優勝特典だった歌手デビューと映画出演(共に1985年)で芸能界入りを果たした。ショートカットでボーイッシュな網浜直子は女性ファンをターゲットにするような路線で、TBSドラマ「夏・体験物語」シリーズでの暴れっぷりなど強烈な印象を残した。1992年には飯島直子とデュオユニットW-NAOを結成。あまりグラビアのイメージはなかっただけにヌードになったのは意外。とはいえ天晴れな脱ぎっぷりだった。

青木エミ 

30 青木エミ 

 

1994年12月30日 

 

一世を風靡した

70年代資生堂モデル

 

【初脱ぎ媒体】

「FOREVER」

1994年12月30日

発行 風雅書房

 

ヘアヌードブーム人気が頂点に達していたこの頃、白羽の矢が立ったのは何も若い女性タレントだけでない。青木エミは一世を風靡した70年代の資生堂モデル。スパイダースの井上順夫人としても知られていたが1982年に井上と離婚。この当時45歳。そんな年齢でも臆せずにヘアヌードになるのだから恐るべしである。